平成29年第3中隊中継訓練

20170715_001.jpg
平成29年7月15日(土)、午前9時より西部工業団地南側に流れる備前堀の水利を利用して、毎年恒例の第3中隊による中継訓練が行われました。

20170715_002.jpg
火事場の近くの水利は常備消防によって使われてしまうため、消防団は少し離れた水利から水を中継して消火の応援をすることが多いです。  そのために日頃から練習して分団同士の意思疎通を図っておくことが大切です。

20170715_003.jpg
圧力計と連成計を見て、適切な圧力で水が中継されているか確認します。 圧が高すぎると先頭の筒先が危険な状態になったり、ホースが破裂する危険があるので、後方の車両に水圧を下げてもらったり、車両の脇からわざと水を排出して圧を下げたりします。

20170715_004.jpg



スポンサーサイト

深谷ビックタートルにて水防研修

20170701_001.jpg
20170701_002.jpg
平成29年7月1日(土)、深谷市にある深谷ビックタートルにおいて、水防研修が行われました。
今年は座学での研修になります。

20170701_003.jpg
初めて中に入りましたが、とても広い会場でした。

20170701_004.jpg
整列が始まる前に分団員での記念撮影。

20170701_005.jpg
今年はカスリーン台風から70年ということで、当時の写真や利根川がどこで決壊したらどの辺が水没したりの被害が出るかのシュミレーションがパネル展示してありました。

20170701_006.jpg
講演を聞いて、自分の地域に近くないところで堤防が決壊して水が流入しても広範囲に影響を及ぼすので、日頃からシュミレーションをして避難誘導の訓練が出来ないといけないと思いました。





検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
タロット占い
タロット占い
Twitter
アクセスカウンター