第60回 文化財防火デー

1月26日は、法隆寺金堂壁画が焼損した日(昭和24年)に当たるので、この日を「文化財防火デー」と定め、この日を中心として文化財を火災、震災その他の災害から守るため、全国的に文化財防火運動を展開し、国民一般の文化財愛護に関する意識の高揚を図っています。
第60回になる今年は、熊谷市の上中条にある常光院で行われました。
20140126_001.jpg
ここは地名からも解るように、中條氏の館跡がお寺になっていて、今は熊谷厄除け大師として皆さんに親しまれています。

20140126_002.jpg
弥藤吾分団は、出火現場の常光院から一番西の水利に配置しました。

20140126_003.jpg

20140126_004.jpg

20140126_005.jpg

20140126_006.jpg
火元は遥か彼方で無線でしか状況がわかりません。
この写真のずっと奥です。

20140126_007.jpg
7時に集合して7時半から始まった訓練は無事に終了しました。
参加された各分団の皆さんお疲れ様でした。

スポンサーサイト

後片付け

20140103_004.jpg
皆さん明けましたおめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
弥藤吾分団の新年の初仕事として、大みそかに作った妻沼聖天様臨時駐車場の撤収作業を行いました。

20140103_001.jpg
移動させたゴールポストを元の場所に固定しました。

20140103_002.jpg
駐車スペースを区切った白線を竹ぼうきで消していきます。

20140103_003.jpg
その後にブラシできれいにします。
他には駐車場の看板を外して、周りのごみを拾って終了です。

看板は妻沼分団の持ち物なので分団車庫まで返しに行き、団員みんなで聖天様にお参りをしました。
今年も火災が少なくなるように願いたいですね。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
タロット占い
タロット占い
Twitter
アクセスカウンター