スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年も始まりました。

まず初めに、16日に関東を通過した台風18号の被害についてお話します。
ニュース等で報道されて皆さんご存知だと思いますが、弥藤吾分団のある熊谷市は台風の影響による突風被害を受けました。
 特に私たちの住んでいる旧妻沼町だった所は、南から西城地区、江波地区、八ツ口地区、妻沼東地区と突風が北上していき、特に弥藤吾地区と隣接する隣の消防団の長井分団の車庫のある江波地区が大きな被害でした。
無線を受信していた人は、午前1時半過ぎから市内各所からの通報が入ってきて、これは大変だと出場しましたが、無線を聞いてなかった人は深夜ということもあり、他の分団員から連絡を受けるまで分からなかったほど、狭い範囲での出来事でした。

 弥藤吾分団はポンプ車と団員の自家用車で被害地域を回って、住民の安否確認やトタンなどの飛来した落下物を安全な場所に移動したりと、情報が錯綜する中、活動しました。

 翌日は、仕事の都合で参加できない団員以外の人は、朝から被害地区の一本木地区の片付け作業を1日お手伝いさせていただきました。

作業に参加された団員の皆さんお疲れ様でした。 また、突風被害に遭われた住民の皆さんには心からお見舞い申し上げます。

 あと、弥藤吾分団の団員が感じた事の一つとして、台風や竜巻注意報が出たときなどは雨戸はなるべく閉めていた方がガラスが割れずに被害が少なくなるみたいです。被害地区を回っていて感じたそうです。


130921_193433.jpg

話は変わって、今年もポンプ車操法の練習の季節になりました。
今年は副分団長が部隊訓練の指揮をすることになっているので、その練習も合わせて特別点検の日まで土日は練習に頑張りたいと思います。


 

スポンサーサイト

弥藤吾地区合同自主防災訓練

20130914_003.jpg
9月14日㈯、妻沼行政センターの駐車場において、第1回目の弥藤吾地区合同自主防災訓練が行われました。
この前、中央地区だけの初期消火訓練のお手伝いをしましたが、今回は弥藤吾地区全体の初期消火訓練を妻沼消防署の署員と一緒にお手伝いさせていただきました。


20130914_004.jpg
初期消火訓練の他に応急手当の仕方と、けがをした方を搬送する方法を覚える場所の3つがあって、3つのグループに分かれてローテーションで全部を体験する方法で進められました。


20130914_001.jpg
弥藤吾分団は初期消火訓練の場所で体験する人の脇から消火器の操作方法を指導したり、使い終わって空になった水消火器に水と空気を充てんする作業のお手伝いをしました。

20130914_002.jpg
ちょっと天気が良くて暑かったですが、無事に事故もなく終了しました。
今回覚えたことを、参加していただいた方が万が一の時に役立てていただければうれしいです。

遊びの学校

20130907_001.jpg
平成25年9月7日㈯、妻沼南小学校でそうめん大会を行う時に児童たちに消防団について説明してほしいということで、弥藤吾分団のポンプ車で分団員8名でお邪魔しました。

20130907_002.jpg
全学年の生徒さんに向かってまずは口頭で消防団の活動について説明しました。


20130907_003.jpg
生徒たちに向かって説明する堀越副分団長と清水団員。


20130907_004.jpg
清水団員がどうやって火災が起きたことを知るのか説明しました。


20130907_005.jpg
現場に着いた後、火や熱さから身を守るために防火服を着用することを説明しました。


20130907_006.jpg
生徒さんたちに希望者には実際に防火服を着てもらいました。

20130907_007.jpg
車両は動かせませんが、運転席の中に入ってもらってポンプ車に親しんでもらいました。

20130907_008.jpg
車両後部の吸管の役割について説明しているところです。

20130907_010.jpg
最後に実際にポンプ車から水を放水して、ホースの重さや水の勢いを体験してもらいました。





生徒の皆さんには今回の体験はとても喜んでいただけたと思います。
何回かこうしたことを行うことによって、地域の皆さんに消防団への理解と親しみ、防火意識が高まってくれたらいいなと思います。

防災の日

20130901_002.jpg
平成25年9月1日㈰、防災の日の今日、妻沼中央公民館大会議室において「新時代に対応した消防団運営方策の普及に係る講座」が開かれました。

20130901_003.jpg
関根熊谷市消防団団長のあいさつ


20130901_004.jpg
米海軍日本管区司令部消防隊消防広報官 長谷川裕子氏

第1回目の講師として、団本部女性小隊の小隊長の小浦さんが以前、講義を聞いて非常に感銘を受けた米海軍日本管区司令部消防隊消防広報官の長谷川裕子氏にお越しいただき、「アメリカの知恵を学ぼう」という演題でアメリカでの子供からの防災プログラムについてを中心に、日本では教えていない大切な行動や考え方を話していただきました。
20130901_001.jpg
抗議の途中で、雷雨が強くなってきて停電したりのハプニングがある中、予定よりも30分長く話していただきとても勉強になりました。
今回学んだことが今後の消防団活動に役立つように頑張りたいと思います。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
タロット占い
タロット占い
Twitter
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。