スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第59回文化財防火デーに伴う火災防御演習

1月27日㈰、文化財防火デーによる火災防御演習が、熊谷市妻沼の妻沼聖天山で行われました。
去年もここで行われましたが、去年の7月に聖天山本堂が国宝に指定されたこともあり、今年も訓練することになりました。

文化財防火デーとは、昭和24年1月26日に法隆寺金堂から出火した火災によって、世界的な至宝と言われた金堂の壁十二面に描かれた仏画の大半が焼損したことから、昭和30年に消防庁と文化庁の共唱により法隆寺金堂が焼損した日である1月26日を「文化財防火デー」と定めて文化財建造物等における防火運動を全国で展開しています。

20130127_001.jpg

消防車両は妻沼の行政センターから出発して各自の目的部署に配置しました。
消防団は旧妻沼町地区の分団が所属する第3中隊と第4中隊が参加しました。

20130127_008.jpg

弥藤吾分団は前回の聖天様での訓練の時と同じ、貴惣門の南側にある旧式の井戸の傍に配置しました。

20130127_005.jpg

20130127_006.jpg

20130127_007.jpg

20130127_002.jpg

20130127_003.jpg

20130127_004.jpg

とても寒かったですが、無事に訓練が終了しました。国宝になったこともあり、聖天様が焼損しないようにこれからも消防団活動に力を入れたいと思います。
寒い中参加した皆さんお疲れ様でした。

20130127_009.jpg
スポンサーサイト

弥藤吾分団新年会

20130119_001.jpg

皆さん、遅ればせながら明けましておめでとうございます。
本当ならば新年最初は消防出初式の記事でも書きたかったのですが、自身の体調不良のために今年は見に行けませんでした。

弥藤吾分団新年最初の活動として、1月19日㈯、来週の文化財防火訓練の打ち合わせや3月までの行事の予定の確認と新年会を兼ねまして「彦まつ」にて食事をみんなで食べながら話し合いました。

まだまだ火災の起きやすい寒い日や乾燥する季節が続きますので、体調管理に気を付けながら弥藤吾地区の安全のために消防団活動に今年も頑張っていきたいと思います。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
タロット占い
タロット占い
Twitter
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。