平成29年第3中隊中継訓練

20170715_001.jpg
平成29年7月15日(土)、午前9時より西部工業団地南側に流れる備前堀の水利を利用して、毎年恒例の第3中隊による中継訓練が行われました。

20170715_002.jpg
火事場の近くの水利は常備消防によって使われてしまうため、消防団は少し離れた水利から水を中継して消火の応援をすることが多いです。  そのために日頃から練習して分団同士の意思疎通を図っておくことが大切です。

20170715_003.jpg
圧力計と連成計を見て、適切な圧力で水が中継されているか確認します。 圧が高すぎると先頭の筒先が危険な状態になったり、ホースが破裂する危険があるので、後方の車両に水圧を下げてもらったり、車両の脇からわざと水を排出して圧を下げたりします。

20170715_004.jpg



スポンサーサイト

深谷ビックタートルにて水防研修

20170701_001.jpg
20170701_002.jpg
平成29年7月1日(土)、深谷市にある深谷ビックタートルにおいて、水防研修が行われました。
今年は座学での研修になります。

20170701_003.jpg
初めて中に入りましたが、とても広い会場でした。

20170701_004.jpg
整列が始まる前に分団員での記念撮影。

20170701_005.jpg
今年はカスリーン台風から70年ということで、当時の写真や利根川がどこで決壊したらどの辺が水没したりの被害が出るかのシュミレーションがパネル展示してありました。

20170701_006.jpg
講演を聞いて、自分の地域に近くないところで堤防が決壊して水が流入しても広範囲に影響を及ぼすので、日頃からシュミレーションをして避難誘導の訓練が出来ないといけないと思いました。





平成29年度消防団幹部県外研修

4月22日・23日の2日間、熊谷市消防団幹部県外研修に参加しました。
私は今回が初参加でした。 服装がスーツにネクタイ着用なのが、研修だといえ堅苦しく感じますが私的な旅行とは違うのでしょうがないですね。
1日目の研修場所は川島町にある埼玉県防災航空センターでした。
写真をゆっくり撮る暇がなかっのが残念ですが、あらかわ3という防災ヘリを間近で見れて説明を聞けたのは大変うれしかったです。
他には、山岳救助の時に使う装備品の説明も聞きました。 降下場所の広さによって使い分けているのがよくわかりました。
20170422_001.jpg
大宮で昼食をとった後、小田原城を見学して湯河原に一泊しました。

20170423_001.jpg
2日目は横浜市民防災センターを視察しました。

20170423_002.jpg

20170423_003.jpg
20170423_004.jpg
20170423_005.jpg

丁度イベントをやっていて、いろいろな車両がありました。

20170423_006.jpg
横浜市消防音楽隊の演奏も行われていました。

20170423_007.jpg
中華街で昼食をとった後に、赤レンガ倉庫に立ち寄りました。

20170423_008.jpg
どこかの大きな客船が泊まっていました。

20170423_009.jpg
工作船資料館で北朝鮮の工作船の実物を見ました。想像より実物は大きかったです。 威嚇射撃による弾痕が凄かったです。

自分より先輩の方々との研修旅行でしたが、楽しく過ごすことが出来てとても勉強になりました。

平成29年春季非常招集

20170305_001.jpg
20170305_002.jpg

平成29年3月5日、熊谷市立新堀小学校及びその周辺付近で、春季非常招集に伴う火災防御演習が行われました。

20170305_003.jpg
20170305_004.jpg
新堀小学校の2階から出火した想定で訓練が行われました。
20170305_005.jpg
20170305_006.jpg
20170305_007.jpg
まず消防署のはしご車などが先着して救助活動が行われました。

20170305_008.jpg
20170305_009.jpg
20170305_010.jpg
20170305_011.jpg
20170305_012.jpg
熊谷市消防団は第1中隊と第3中隊の奈良分団、別府分団が参加して、離れた水利から中継して実放水を行いました。

20170305_013.jpg
屋上から救出された人たち

20170305_014.jpg
救助後の実放水

20170305_015.jpg
20170305_016.jpg
20170305_017.jpg
無事に訓練を行うことが出来ました。 7日まで春の火災予防週間なので、これからも地域の人々に火災に対する注意喚起を行っていきたいと思います。





平成28年度熊谷支部団員研修

20161023_001.jpg

10月23日 日曜日、熊谷市荒川河川敷で消防団員研修がありました。

20161023_002.jpg

団員研修とは、来月19日に行われる熊谷支部消防特別点検の予行として、講評隊形への集まり方や、服装点検、部隊訓練、分列行進、ポンプ車操法、一斉放水などの行い方の確認をすることです。

20161023_003.jpg

20161023_004.jpg

20161023_005.jpg

20161023_006.jpg

20161023_007.jpg

20161023_008.jpg

[広告] VPS

第3中隊から小島分団がポンプ車操法に出場しました。
分団員の数が足りなくて、指揮者は奈良分団から、3番員は男沼分団の分団長がやることになり、すごいメンバーになりました。
男沼の分団長は急遽で緊張したのか、吸管に枕木を取り付けるのを忘れましたが、吸管の伸ばし方やホースを真っ直ぐ伸ばすところはさすがだと思いました。

[広告] VPS


去年の団員研修と違うところは、今年のポンプ車操法の部で県大会に出場した第2中隊のメンバーが実放水で県大会仕様の操法を披露したことです。

やはり実際に水を出して的に当てると迫力があって良いですね。

来月の特別点検で消防団の全体行事が終わります。 1年てあっという間ですね。


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
タロット占い
タロット占い
Twitter
アクセスカウンター